婚活とモバイルと私

おばちゃんだってSIMフリー機つかってるもん!

LINEの年齢認証とは

はろーえぶりわん(*‘∀‘)

今日はLINEの年齢認証のお話。

今や老若男女、LINEをお使いの方は多いと思います。

まあ便利ですよね。

今日は、格安SIMに移行を考えている方でLINEの利用頻度の高い方にとっては要注意な年齢認証のお話をします。

今現在年齢認証をしてすべての機能が使えるのは3大キャリア、ワイモバ、LINEモバイルのみです。

ということは、当然格安SIMに移行をした場合に年齢認証が不可となりますので、一部機能を使うことができなくなります。

この年齢認証ですが、アカウント毎に1回すればいいんですが機種が変わると再度必要となります。

格安SIM移行の場合、以下のケースが考えられますのでケース別に見ていきます。

(1)使っている端末はそのままに、格安SIMに移行する場合(キャリア→格安SIM

これはアカウントもそのまま、機種もそのままのパターンなので、今まで通り利用することができます。

(2)端末を変更して格安SIMに移行する場合(キャリア→格安SIM

アカウントはそのままでも、機種が変わるパターンなので、再度年齢認証が必要となります。

格安SIMですと年齢認証不可。

(3)端末を変更するけど、移行先はキャリア(キャリア→キャリア)

キャリアの契約になるので年齢認証可能。格安SIM→キャリアでも同様です。

年齢認証が不可の場合、どうなるんでしょうか。

ID検索、電話番号検索が使えなくなります。

相手に検索してもらうことも、だれかのIDを検索して友達登録することもできなくなります。

自分のLINEアカウントのどこを見ればいいのか、その流れを説明しますね。

私は検証用に1つLINEのサブアカウントを持っています。

いちご姫、かわいーしょw

で、それをワイモバのSIMを挿した端末で使っていますんで年齢認証済です。

なのでこの時点でいちご姫アカウントではID検索もできるし、電話番号検索も可能です。

いちご①  いちご②

このアカウントを、格安SIMを挿したiPhone5Sに移動させます。

まずは、【設定】の【アカウント引き継ぎ設定】→【アカウントを引き継ぐ】をONにしておきます。

ログインをタップ

アカウント登録①

保存していたメアドとパスワードを入力

アカウント登録②

電話番号入力(SMSなしSIMだとここで詰むので、Facebook認証へ)

アカウント登録③

上記で番号を入力するとSMSで4桁の数字が送られてくるのでそれを入力

アカウント登録④

この画面でdocomoを選んだ場合、マイドコモへ。

MVNOの人は・・・【年齢確認をしない】しか選択の余地がありません><

アカウント登録⑤

結局そのままアカウントは引き継がれますが、今までできていたID検索機能不可となり、ONにしようと思うと右の画像のようなものが出てきて結局不可・・・

アカウント登録⑥ アカウント登録⑦

では、ID検索ができないと不便なシーンってどんな時でしょう?

目の前にいる人とLINE登録しようよーってなった時は、素直に

MVNOなんでID登録できないから、ふるふる(QRコード)でよろしく!」

と言えばそれで終わりです。

問題は目の前にいない人と友達登録する場合。

QRコードを別端末で撮影して、その画像をメールで添付したら一応離れた人とも登録できました。

かなりめんどくさいけどなんとかなる!

でもまあ非効率的ですよね・・・。

現実的な抜け道として考えられるのは

①家族や知人にドコモのIDとパスワードを一時的に借りる。

②家族や知人に一時的にSIMを借りて、年齢認証を済ませた後にSIMを入れ替える。

→これ、APN設定をその都度やるんで結構めんどくさいですが、現実的かと思います。

③家族や知人の電話番号を借りる。

→その後、その電話番号宛に認証コードが届きますんで、認証を済ませてLINEの設定から電話番号変更

③の場合、ガラケーや他の契約がある人はこの手を使うのもありかもです。

ただしすべて自己責任でお願いします。

特に他人の名義の情報借りるのは法律的にどんなもんかわかりませんし、いつか対策されるかもしれないので絶対ではないとお考えください。

②についてはドコモ版の端末を新たに格安SIMで使う場合、他社のSIMでは認証どころか通信自体できませんのでご注意を!

さて、今まではキャリア以外はこの年齢認証ができなかったのですが、LINEがMVNO事業に参入したことで変わりました。

そう、LINEモバイルであれば格安SIMでなおかつ年齢認証ができるわけなんです。

しかも、SMSなしのSIMでもLINEモバイルの契約であれば認証可能とのこと。

詳しくは↓ ↓

https://mobile.line.me/

見てみると、①LINE、LINE通話はカウントされず月1GB使えるプランと、②3GB~でLINE、TwitterFacebookはカウントされないプランとあるみたい。

①も②もデータのみ、データ+SMS、通話とSIMの種類を選べてそれによって料金が異なってくるシステムですね。

①のプランで通話だと、税抜き1200円・・・

②のプランで通話だと税抜き1690円・・・

うーーーーーーーーーーーーーーーーーーん・・・・

SNS中心に使う人にとっては悪くないかもしれませんね。

悪くないのかもしれないけど、これ中高生ががんがんデータ通信しまくって速度がた落ちとかなりそうな気もします。

LINEモバイルの参入で、今後のMVNOユーザーの動向がまた気になるところですね。

既存の業者は戦々恐々しているのか、はたまたすみ分けができるものなのか、注目していきたいです。