婚活とモバイルと私

おばちゃんだってSIMフリー機つかってるもん!

おサイフケータイ風味♪

こんばんわ。

ちょっと今日はおばちゃんの感動体験のお話です。

グローバル版の宿命でもありますが、私おサイフケータイ対応端末を持ったことがありません。

基本的に携帯の中にクレジット情報などを登録することの危険性を感じているので、仮におサイフ機能があっても使わないとは思うんですが・・・

ところで現在、日本のメーカーが出している数種類のSIMフリースマホおサイフケータイに対応していますが、グローバル版のSIMフリー機は当然非対応です。

FeliCaのシステムそのものが日本独特らしいので、グローバル版がFeliCa対応になるのはちょっと難しい気がします。

そもそもFeliCaってNFC対応ならいけるんじゃないの?

と思っていた時代が私にもありました。

ここで毎度おなじみウィキペディアから^^

------------------------------------------------------------------------------------------------

FeliCa

FeliCaは、非接触型ICカードのための通信技術として開発された。非接触型ICカードは、リーダ・ライタからキャリアを送信して電磁誘導によりICカードに電力を供給し、キャリアの変調によりリーダ・ライタとカード間で通信を行う。例えばISO/IEC 14443で規格化されているTYPE B方式は、ASK10%で変調を行い、NRZ符号を採用しているのに対してFeliCaの方式は変調がASK10%と同じであるが、マンチェスタ (Manchester) 符号を採用しているところが異なる。

当初、ISO/IEC 14443 TYPE Cとして提案を行った。同時にTYPE D~Gまでが提案されたが、規格の乱立になるとして議論が停止され採用されなかった。その後、FeliCaと上位互換性のある方式がISO/IEC 18092 (Near Field Communication, NFC TYPE-F) として規格化された。国内では、JICSAP ICカード仕様V2.0「第4部 高速処理用ICカード」や、日本鉄道サイバネティクス協議会でのICカード規定として規格化されている。

FeliCaは通常のICカードと同様に、キャッシュカードやIDカードなどに適用可能な技術である。特に高速処理が求められる、自動改札機やビル入館などのセキュリティゲートや、レジなどのアプリケーション向けに特化したコマンド体系になっている。そのため、ISO 7816-3の基本コマンドとは互換性はない。また、ICチップ内部のメモリは16バイト固定長のレコードのみがサポートされていて、ISO/IEC 7816-3で規定されているファイル構造との互換性はない。

暗号処理としては、相互認証にトリプルDES、通信路にDESもしくはトリプルDESを利用している。Dualカードタイプ(接触/非接触)では公開鍵暗号方式の処理が可能なものがある。

2011年6月には、相互認証と通信路にAESも利用できるFeliCaチップが発表された[2]。

1枚のカード(1つのチップ)に乗車カード、電子マネー、社員証など複数のサービスを搭載可能であるが、サービス利用時には、個々のサービス毎にアクセス鍵(共通鍵)を使って相互認証を行うのではなく、複数のアクセス鍵から「縮退鍵」と呼ばれる暗号化された鍵を合成し、この縮退鍵を用いて、一度に最大16のサービスについて相互認証することが可能となっている。縮退された鍵から元の鍵は生成できない。このことから、セキュリティレベルを落とすことなく処理速度の高速化を実現している。

----------------------------------------------------------------------------------------------------

( ・ω・)?

さっぱりわからん・・・w

要約するとFeliCaってソニーさんが開発した日本独自のICカード通信システムです

ということのようですw

さて、毎度毎度前置き長くてすみませんw

先日、ちょっとした仕事関係の人と会った時のこと。

おサイフケータイの話が出まして、私の端末グロ版だから非対応なんですよねーなんて話をしましたんですね。

で、昨日その方から後ろにカード入れのついたE5823用の手帳型じゃないスマホケースを頂きました。

「手帳型じゃない」ところがポイントです!

私手帳型のケースは満員電車で使いにくいので持たないことにしております。

ので、今回そのツボを押さえた頂き物だったので張り切って帰宅しました。

スマホにセッティングして通勤用のスイカを挿し込んでみました。

エセおさいふケータイ体験

ほらほら、ペンギンも若干見えててかわゆすな~♪

まあこの際、見えているのがダサいと思うかどうかは置いときましょう^^

んでですよ、今日颯爽と自動改札でE5823をピピッとさせたら、なんかもう感動しちゃいました!

いやこれ便利ですねぇ・・・w

おばちゃんもう感動のあまり声出そうになりましたよー。

女性ですからね、カバンも服装に合わせて変えたりするじゃないですか?

そうすると定期入れ移動し忘れることもたまにあるわけなんですよね?

携帯なら持っていき忘れがないので、ひじょーに便利!

端末を検討するときに、

グロ版はおサイフ機能がないからと言って選択肢から外す前に、もう一度考えてみましょう。

「もどきでもいくね?w」と。

iPhone用のケースとかだと、カードが中に隠せるケースなんかもたくさん出ています。

前にも言ったけどグローバル版やSIMフリー機でできないこと、これを色々埋める方法を探したりするのも楽しみの一つと言えるかもしれませんねー。

私はもう、このピピッにえらい感動したんでしばらくこの方式でいこうと思います。

なので、しばらくはAxon7 mini君は家でお留守番になりそうです^^

今日とある人にその話を自慢気にしたんですよ!

「今まで透明ケースだったからそんなこと思いつかなかったよー!」って言ったんですよね。

そしたら

「電話と透明ケースの間に挟めばええやん?」

みたいにあっさり言われたわけですよー><

さすがにその勇気はないな、私には・・・w

で、最後に。

一応私の場合は、ケースのカード入れにスイカ直挿しで問題なく改札を通れましたが、場合によっては端末から出る電磁波が干渉して自動改札でタッチをしてもエラーになることがあるようです。

なので、ケースにスイカなどを挿して使う場合には↓↓のような電磁波防止シート使うといいですよー。

家電量販店とかで1000円以下で売ってます。

電磁波防止