婚活とモバイルと私

おばちゃんだってSIMフリー機つかってるもん!

音漏れ女子高生のお話

こんばんわ。

昔々、東京に出て満員電車に揺られてOLをしていれば織田裕二みたいな人と出会えると本気で思っていた時代がありました。

妄想でした(´;ω;`)

 

そして地元に戻ってきても電車通勤をしておりますが、私の使うJR線沿線には、どんどんマンションが立ち並び、利用客がものすごく増えております。

当然ラッシュっぷりもひどくなっているわけなのですが・・・

最近、よく電車も車両も一緒になる可愛い女子高生がいます。乗る駅も同じなんですよ。

でもおばちゃんは猛烈に怒っています(# ゚Д゚)

原因はその子のイヤホンからの半端ない音漏れです。

ワンオクファンみたいで、20数分ずっとワンオクの爆音に悩まされた日も><

よくよく観察していると、どうやらiPhone6Sをお持ちのようで、たぶんあれは付属品のイヤホンだろうと思います。

 

おかげでしばらくやめていた通勤時のイヤホンタイム復活です。

 

 

ということで、今日は少しだけイヤホンのお話。

 

私音マニアではありませんが、通勤用ともちょいいい音用でイヤホン2つを使っております。

通勤用は車内でもみくちゃになることやカバンに雑に入れたりすることもあるため、それほどお値段張らないやつ。

そして、もう1つは1万ちょっとくらいで買ったやつ。

マニアさんになるとそんなお値段のじゃなくて、2万も3万もするものを使ってる人もいるそうな。

 

では簡単にイヤホンの形状の分類から見ていきましょう。

【カナル型】

今やこっちが主流かと思われます。

耳栓のように、ピースを耳の中に入れて聴くタイプ。

当然本体は小型で、高音低音を楽しむことができるタイプ。

遮音性が高い分、周りの音も気になりにくく音漏れも少ないです。

 

【インナーイヤー型】

本体大き目、耳の中に入れるというより耳に載せる感じのイヤホン。

音漏れまくりです。

そして逆に周囲の音も聞こえまくります。

ただ、長時間とか自分の部屋で使うのならこっちのほうが疲れません。

まあ、外れやすいのでウォーキング中なんかはイライラものですね。

 

【耳掛け型】

まるっこいものの先にプラスチックのフックがついているあれです。

ちっさいヘッドフォンみたいなイメージ。

だけどあやつはインナーイヤー型以上に音漏れします。

もうなんていうか大開放型のイメージw

スポーツタイプとかこの形が多いので、サイクリングとかにはいいのかもしれません。

ちなみに以前ウォーキング用に買いましたが、おばちゃんの貧粗な耳たぶには合わずずり落ちまくりで諦めました。

 

 

 

次に、イヤホンの発音方式による分類を見ていきましょう。

【ダイナミック型】

実際店頭などで見かけるのはこちらが多いです。

低音に強いもので、かつコスト面でも生産しやすいものらしいです。

低音だけでなく、高音のシャリシャリ感がより際立つ印象です。

低音、高音とレンジの広さ故にメリハリのある音になる傾向があるので、ロックとかEDMとかには向いてるのかな。(個人的主観)

 

【BA型】

私断然これ派です。

バランスド・アーマチュア型といいます。

ダイナミック型ほどレンジが広くない代わりに、なんかクラシックなんかだとその繊細な感じに聴き入ってしまいます。

中音高音のきれい感が半端ないです。

ただ重低音のズンズンした感じも、高音のシャリシャリした感じも強くないため、ダイナミック型に慣れていた人には少し物足りなさがあるかもしれません。

そして、最大のデメリットは・・・お高いこと。

種類もそうありません。

 

【ハイブリッド型】

上記のダイナミック型とBA型のミックス型。

いいとこどりだけに本当はお高いはずなんですが。。。

最近ハイブリッド型のコスパ高いものも出てきてたりするんで、BA型の入門としてはありかもです。

 

 

 

次に上記の基本分類の他に、機能面として以下のワードも最近よく目にします。

【ノイズキャンセリング】

これあれですね、周囲の雑音や騒音を消す機能。

乗りなれない電車で、車内アナウンス聞き逃すと困るような方にはお勧めできませんw

最近のカナル型だと特にここまでこだわらなくても、ある程度の遮音性はあるかなと思います。

 

【マイク・リモコン】

イヤホン使ってる時に電話がかかってきたりしても、そのまま使えるやつです。

マイクがついているので、イヤホン挿したまま話しても相手にはクリアに声が聞こえます。

また、ボリュームや1曲早送りとかできるリモコンがついたタイプもあります。

ただこのリモコン、注意してほしいのがios用とandroid用などの表記です。

iPhoneでしか使えないとかあるので買う時はご注意ください。

 

【ハイレゾ対応】

最近の音源はハイレゾ音源のものが増えてきています。

まあやっぱいい音はいいイヤホンで聴きたいですよね。

 

 

 

そして最近は有線ではなく、Bluetoothワイヤレスタイプのイヤホンが主流になってきつつありますね。

おばちゃんはやっぱ昭和の人なのでイヤホン=有線の概念がどうしても捨てきれず、有線タイプを使っています。

 

 

 

私も、色々使っているわけではないのでお勧めの一品を語ることができません。

ただ言えるのは、付属品のイヤホンから一歩進んでみると、そこに違う世界があるよーってことです。

あとあれです。買う時は実店舗で音を実際聴いてみると、違いが判ったりして楽しいですよ。

また、イヤーピースが自分の耳に合うかもかなり重要なポイントです。

合わないものをつけていると、まず疲れる、落ちてくる、すき間ができるため音漏れする。

なので、実際に見て触れて聴いてお気に入りの一品を決めるのがポイントかと思います。

 

ここで私が使っている2本のイヤホンを紹介してみましょう。

 

 

 まず通勤用の愛用品がこちら

 いやいやこれね、中華製品ではあるんですけどコスパ高いなーと思いますよ。

マイク・リモコン付き。BAとダイナミックのハイブリッド型。イヤーピースもサイズ豊富についております。

で、肝心の音質ですが・・・

おばちゃんは電車の中では、氷室からクラシックからユーロビート(昭和だ・・・)からジャンル問わず聴くんですが、悪くないです。

ただユーロビート聴くには少し迫力に欠ける気もするんですが、とにかく疲れない!

5000円以内でこの品質ならもう言うことありません。

マイクも、電話の相手に「今マイクなんだけど声どう?」って聞いてみるんですが、雑音等もなくクリアに聞こえるって答えが返ってくるのでそう悪くないみたいです。

お値段の割に断線したりせず数年使えてますので、BAの入門としてもお勧めです。

若い方より、それなりに身体にガタがきたおっさんおばさんにお薦めさせていただきます。

 

 

 

そして、普段使いの愛用品がこちら。

外で使うのはウォーキングの時ぐらいで、大体は部屋で使っています。

ZERO AUDIO  インナーイヤーステレオヘッドホン カルボ ドッピオ ZH-BX700-CD

ZERO AUDIO インナーイヤーステレオヘッドホン カルボ ドッピオ ZH-BX700-CD

 

 以前まではONKYOのダイナミック型のイヤホンを使っておりましたが・・・

この子のエージング後の突き抜ける高音にどっぷりはまっております。

もう言うことありません。

いつか宝くじが当たったら3万↑とかのBA型イヤホンを買ってみたいなーと思う今日この頃。

庶民の私は、この1万円ちょっとのイヤホン買うのもかなり勇気を出しましたw

発売日を見ると不安になりますが、きちんと感あのあるいいイヤホンで買ってよかったなぁと自信を持って思える一品です。

 

 

 

そんなこんなで電車の中で音漏れさせているそこのあなた! 

とりあえずすんごおおおおおおおおおおおくダサいので、明日にでもイヤホン買いに行ってきてください!。