婚活とモバイルと私

おばちゃんだってSIMフリー機つかってるもん!

愛は声に出して語りたい 

こんばんわ。

転職後のおばちゃんは、元気にやっております。

たまに出張などもあり、人生初の土地に行ったりでなかなか充実しています。

 

そうなるといよいよ婚活にも精を出さなきゃと思うわけですが、そっちの方は相変わらずで・・・w

出張先で一目ぼれをした名前も知らない方を思い続ける乙女な毎日を送っていますんです。

 

最近は私のそばにあるP10との生活にもこなれてきました。

1年ほどが経つんですが、電池もちがいいのでガラホは家の棚に陳列されたままになっています。

DSDS機を使ってきて心配だった点なども解消されつつあるので、思い切って次の更新のタイミングで通話専用SIM+MVNOのデータSIMの2枚挿しにしようと思う今日この頃。

 

まあ、それは置いておいて・・・

 

久しぶりの今日はLINEなどのコミュニケーションツールについて、ちょっと考えてみようと思います。

 

普段、スマホでLINEやSkype使ってますか?

iPhoneだと独自のメッセージサービスなんかもあったりして、最近は知り合った人と電話番号交換よりもLINE交換をする機会が多いですよね。

確かにもうこれ無くてはならないほど便利です。

みんなで撮った写真もLINEグループで送っちゃえば言葉いらないし。

 

ちょくちょく年明けから婚活を頑張り出している私がちょっとだけ思うこと。

 

LINEでなんでもすませんじゃねーYO!

人と人のつながりは、暗黙の了解でどうこうできるほど軽いもんかYO!

 

例えばですよ。

出会います。

1回目のデートをします。

お互い、次に進むことを考えているのか気になるところです。

デートの終わりにさしかかり、その日は楽しく別れます。

さも次があるような雰囲気でお別れします。

でも、昨日まであんなに盛り上がっていたLINEのメッセージで何かを察しなきゃいけない時がやってきます。

 

『今日は楽しかったです♪』

中略

『また次会いたいなって思います』

 

心を込めてメッセージを送っても、既読がつくつかない、既読がついても返事が来る来ない・・・

なんでこんなことで貴重な時間をモヤモヤしながら消費しなきゃいけないんだとw

できる大人はその反応で何かを察しなきゃいけないみたいです。

 

残念ながら私みたいなおばちゃんだと悲しきかな遭遇してしまう出来事です。

いやーめんどくさい。

好きも嫌いも、これからも何もかもそんな文字と絵文字のツールのやり取りで片付いてしまうことにちょっと疲れてきております。

 

同じ会社に、私と同じように「結婚したい」を連呼する仲良しの女性がいます。

この人は私と同年代なのに、インスタやらTwitterやらSNSのツールを簡単に使いこなしている人です。

相手にブロックされているとかそういうこともわかるんだって色々その人から聞くにつけ、便利さの裏側で失われつつあるリアルのつながりみたいなものに気がついてしまう私。

その人は、遠距離恋愛中の彼にLINEを送っても一切既読がつかなくなったって言っていて、そんな状況なら私なら、トラブルに巻き込まれたとか倒れてるんじゃないかとか心配しちゃうけど、

「いや、これはもう察しろってことだね」

って早々と次を探す宣言してました。

思い起こせば今までこういうことあったような気がするな、私も・・・(´;ω;`)

別れの言葉さえも、言葉で聞くことができない時代なのですね。

 

秋の足音近づく夏の夜に、こんなモテナイ自慢もどうかと思うんだけどねw

最近つくづくLINEに振り回されることが嫌になってきたので書いてみました。

 

同じようなこと考えてる人いないかなぁ・・・